リフォーム・メニュー

耐震リフォーム

刈谷市で耐震リフォームならまる菊工務店

後から出来ない耐震リフォームの注意点

耐震リフォームの基準

これは、阪神淡路大震災の教訓で始まったことですが、
昭和56年に建築基準法が大きく変わったことでその基準に合わせる補強をしなさいということ
昭和56年以前の建物を昭和56年の耐震基準で耐震リフォームすると全国の自治体どこでも補助金がでます

昭和56年は1981年で今から約40年前です
本当に40年前に基準に合わせればいいのでしょうか?

答えは、残念ながら???です
ハッキリいってお勧めできません

刈谷市のリフォームなら耐震、断熱のまる菊工務店古民家2

熊本地震の教訓

刈谷市のリフォームなら耐震、断熱のまる菊工務店耐震10

40年以上前の家を、40年前の基準に合わせても熊本地震が来たら全然ダメでした
いわばもう結果が出ています
古い一戸建てやマンションをリノベーションと称しお化粧直しだけで販売している例がよくありますが、
見た目がきれいでどんなにカッコよくなっても地震が来て倒壊しては人が死にます

耐震の基本は、人の命が助かることです

中には絶対に外してはいけない柱を撤去したり、
基礎は何も手を付けずにしている例が多いです
耐震は安さで業者を選ぶと自動的に何もしない業者になります

2000年基準

まる菊工務店では、できるだけ2000年基準に合わせた耐震改修をお勧めします
つまり中古の木造住宅を買うなら何でもいいわけではなくて、
多少無理しても2000年以降の建物がおススメと言う事です

刈谷市のリフォームなら耐震、断熱のまる菊工務店古民家1

古民家改修の耐震

古民家を昭和56年基準に合わせるのは至難の業
提出する数字だけ合わせるなら無理やりできると思いますが、
ハッキリ言ってそこまで耐震力があがりません

今まで建っていたので、いっそのことそのままで住むか
とはいっても古民家は寒すぎます
断熱など入っていないので、荒壁を活かした断熱をするか、
躯体だけにして全部やり直すかになります

基礎まできちんと今の基準まで直そうとすると
新築を建てるよりもお金がかかりますので、
それだけのお金を掛けても残すべき建物かを見極める必要があります

刈谷市のリフォームなら耐震、断熱のまる菊工務店古民家3

PAGE TOP